エリオット波動論 その3(推進波の種類と特徴について)

エリオット波動論を使ってトレードで利益を上げる方法は1つです。

それは推進波の流れに乗る事です。

もちろん、これ以外にもいろいろ方法はあるかもしれませんが、一番簡単で利益を伸ばしやすく、いわゆる損小利大のトレーディングになりやすいのは、この「推進波の流れに乗る」方法だと思います。

ですので、この記事ではエリオット波動の推進波とはどういうものかを説明します。

エリオット波動の推進波とは

下図はエリオット波動の基本形です。

推進波とは5波動で構成されるトレンド方向(一回り上の段階)に価格を推し進める波形です。
一回り上の段階とは、フラクタル構造の1つ上の階層、つまり一つ上の時間軸のチャートという事です。

その動きは力強く時間的にも素早くトレンドを推し進めていくので、この推進波の動きを掴む事こそが利益を増大させる手段となります。

上図でいえば、第1波に始まり第5波終了までが推進波になります。

その後のa波動からc波動までは修正波ですので、別の記事で説明します。

エリオット波動を使って利益を上げるなら、この第1波から第5波までの推進波のどこかで売買を始め、その後のa波動が始まるまでに利益を確定させる事がメインの手法になります。

そして、推進波には大きく分けて2つの種類、細かく分けると5つのフォーメーションがあり、それぞれのチャートパターンを認識する事が、推進波の流れに乗る為の重要なポイントとなります。

推進波の2つの種類、5つのフォーメーションは下図のように分類されます。

推進波は2種類に分類され、一つは衝撃波(インパルス)と呼ばれ、もう1つはダイアゴナルと呼ばれています。

さらに、この2種類の推進波はそれぞれそのフォーメーションの違いによって、衝撃波(インパルス)は3つに、ダイアゴナルは2つに分類されます。

2種類の推進波の内、ダイアゴナルの方はあまり目にする事がありません。このダイアゴナルの説明は別記事でします。

推進波のほとんどは上図の左側にある衝撃波(インパルス)の波形でチャートに現れます。

なので、この推進波のそれぞれのフォーメーションを理解し、チャート上に現れたらその流れに乗れるようにパターン認識する事が大事なのです。

衝撃波(インパルス)の3つのフォーメーションとそのルールについて

推進波の主役はこの衝撃波(インパルス)です。

5波動で構成され、さらにその1つ1つの波動を細分化すると第1波、第3波、第5波が5波動構成で、第2波、第4波が3波動構成になっています。
この波動構成は5-3-5-3-5と表記される事が多いです。

そして、この衝撃波(インパルス)には簡単な3つのルールがあります。

  •  2波は1波の始点を割り込まない
  •  1波、3波、5波の中で3波の波長が一番短くなる事はない
  •  4波の終点は1波の終点と重ならない(オーバーラップしない)

以上のこの3つが衝撃波(インパルス)の成立条件になります。

厳密にいうと為替相場ではまれにこのルールが破れる事がありますが、ほぼ大体はこの3つが、そのチャートパターンが衝撃波(インパルス)であると認識する為のルールです。

さらに、第1波、第3波、第5波の内、どの波長が長いか、によって衝撃波(インパルス)は3つのフォーメーションに分かれます。

  • 第1波延長型衝撃波 波長は1波が一番長く、次に3波で5波が一番短い
  • 第3波延長型衝撃波 波長は3波が一番長く、1波と5波の2つは同じになったり、ある一定の比率関係になる
  • 第5波延長型衝撃波 波長は5波が一番長く、次に3波で1波が一番短い

さらに、この3つの衝撃波(インパルス)は、それぞれの一番長い波長をもつ波動がエクステンション(延長)するといった特徴を持ちます。

エクステンション(延長)とは、第1波、第3波、第5波のいずれかが同じ時間軸のチャート上でパターン認識できるくらいの波の大きさで5波動構成になる、という事です。

ここが大事で、またややこしい所なのですが、先述した通りエリオット波動はフラクタル構造です。
そして、その第1波、第3波、第5波は細分化すると5波動構成になります。
この細分化というのは、その第3波なら第3波を、第5波なら第5波を1つ下の階層、時間軸のチャートで見た場合に5波動構成であるという意味です。

エクステンション(延長)というのは、第1波、第3波、第5波のいずれかが時間軸を落とさずにその衝撃波(インパルス)を構成している同じ時間軸のチャート上ではっきりと認識できる大きさの波動を内包した状態を指します。

なので、見方によっては、衝撃波(インパルス)が5波動構成ではなく9波動構成に見えたりします。

そして、このエクステンション(延長)は、第1波、第3波、第5波の内、1つのみに現れる現象です。
例えば、第3波が延長した場合は、第1波と第5波は延長しないというふうにです。

ここまでの衝撃波(インパルス)の特徴をまとめると下図のようになります。

3つの衝撃波(インパルス)

そして、この3つの衝撃波(インパルス)の中で、最もよくチャートパターンとして現れるのが、第3波延長型衝撃波になります。

実際のチャートで第3波延長型衝撃波を見てみる

それでは、実際のチャートで、衝撃波(インパルス)がどんな形をしているのかを見てみます。
一番目にする事の多い第3波延長型衝撃波です。

下図はユーロドル30分足チャートです。

同じ時間軸で第3波がはっきりと5波動を内包しているのが確認できます。
なので、衝撃波全体を見ると9波動にも見えます。

さらに、延長している第3波の内包している5波動の波形は第5波延長型衝撃波になっています。
これは時間軸を1つ落とせば確認できると思います。

第3波がエクステンション(延長)しているので、第1波と第5波は延長していません。

ただし、このチャートをはじめて目にするのなら、一つ思う事があるのではないでしょうか。

「エリオット波動ってこんな形?」、と。

たしか、エリオット波動の基本形って、下図のような感じじゃあないの?と、思うのではないでしょうか。

エリオット波動基本形

そうなんです。

いろんなホームページやブログ、あるいは本などにはエリオット波動といえば、上図の形が載っています。

ただ、悲しい事に実際のチャートでこんな形状をした波動は出てきません。

エリオット波動の衝撃波(インパルス)は簡単な3つのルールからなる推進波の1つの波形です。
が、実際のチャート上で見た場合に、その3つのルールだけでは「これが衝撃波だ!」とパターン認識はできません。
おおよその見当はつきますが、精度はかなり落ちます。

何度も何度もチャートを眺めて、さらにそのチャートパターンが衝撃波(インパルス)だという判定を下す助けとなる「ガイドライン」を頼りにして、この上昇が1波で次が2波、次が3波で、、、という風に波動をカウントできるようになって初めて「このチャートパターンは衝撃波(インパルス)だ!」というふうに認識ができるようになるのです。

チャート分析をするハウツー本によく乗っているヘッドアンドショルダーやトライアングルなど他のフォーメーションにも共通して言える事ですが、チャートパターンというものは実際のチャートでは教科書通りで出てくる事の方が稀です。

なんとなく、似たような図形が表れて、「なんかそう見えるなぁ。」から始まり、何度もチャート検証している内にだんだん瞬時に判断できるようになるのです。

特にこのエリオット波動はそうです。
そこが、オカルトだとか、後付けだとか、使えないといった声が絶えない理由だと思います。

ただ、私的にはエリオット波動は使えると思っていますので、このブログを書いている次第です。

では、このチャートパターンが衝撃波(インパルス)だと認識できたとして、推進波の波を掴みトレードにおいて利益を上げるには、どのタイミングでしかければいいのかを次に説明します。

推進波でトレードをしかけるタイミングについて

推進波はほぼ衝撃波(インパルス)としてチャート上に現れます。

その衝撃波は5波動構成であり、第1、第3、第5波が一回り大きい時間軸のトレンドを推し進める強力な波動です。

逆に第2波と第4波は修正波であり、トレンド方向に進むのとは逆に動いたり、一時中断させる動きを担う波動です。

トレードの基本はトレンドフォローです。
という事は、第2波と第4波の間はトレードを休み、第3波と第5波でトレードする事が賢明といえます。

それでは、第3波と第5波が発生している間にトレードするにはどうすればいいのでしょうか。

エリオット波動の基本形の図を見るとわかりますが、第1波は別にして、第3波と第5波はいつ始まっているでしょうか。

第3波は第2波の終了直後、第5波は第4波の終了直後にそれぞれ始まっています。

という事はトレンドを推し進める強力な波動である第3波と第5波を掴む為には第2波、あるいは第4波の終わりがいつかを知る事が推進波の流れに乗る為に重要であるといえます。

図で示すと、下図のようになります。

そして、その事を判断するには衝撃波(インパルス)のガイドラインを知る必要があります。

ガイドラインとは衝撃波(インパルス)の3つのルール程、絶対ではないがそうなる事がよくあるという波動の習性を示したものです。

エリオット波動の衝撃波(インパルス)の基本的な3つのルールプラスこのガイドラインを元にチャートに現れたパターンをこれは衝撃波(インパルス)が形成されつつある、と判断し、第2波と第4波の終わりを察知して、トレンドを推し進める強力な波動である第3波と第5波の初動こそがエリオット波動の推進波でトレードをしかけるタイミングと言えるのです。

つまり、エリオット波動を使ってトレードする為にはチャートが形作られているのと同時進行で、そのチャートパターンから、これは衝撃波になりそうだと予測して、第2波と第4波の終わりを察知(カウント)し、第3波と第5波の波を掴む能力が求められるという事になります。

次の記事では、チャートに現れたパターンを衝撃波(インパルス)だと認識し、第3波と第5波の初動を掴むために必要な「ガイドライン」について説明します。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました