チャートを検証しよう。その3

チャート検証です。

今日は2021年3月16日のユーロドルチャートを検証しました。

ユーロドル4時間足チャート

まず、ユーロドル4時間足チャートです。

エリオット波動の5波の途中です。上図の四角で囲んだ部分の検証です。

5波なので3波より下は望み薄ですが、まだまだ値幅はあります。

ユーロドル1時間足チャート

次に1時間足チャートです。

エリオット波動の上昇5波が200EMAにタッチして反転下落し下降に入りました。

今回の検証は下降2波の頭から反転し、下降3波の下落を狙う検証です。

ユーロドル15分足チャート

次は15分足チャートを見ます。

四角で囲んだ部分が1時間足の200EMAタッチラインです。

15分足自体はABラインのレンジを上にブレイクし、レンジ幅のエクステンション61.8ラインにタッチしたところから下落しました。

ユーロドル5分足チャート

次に5分足チャートです。

ABCDのフィボエクスパンション161.8ラインから反転下落しました。

5分足と15分足のラインを重ねてみます。

15分足のエクステンション161.8ラインと5分足のエクステンション161.8ラインがピタリ重なっています。

1時間足の200EMAラインもそこにあります。

4時間足が下落方向、1時間足のレジスタンスラインである200EMAにタッチ、15分足と5分足のラインの一致。
これだけ揃えばショートするしかありません。

エントリーは15分足の包み足確定でエントリー。ターゲットは15分足のABレンジ幅分下にブレイクしたラインがターゲットでいいのではないでしょうか。
この時は60pips程伸びていますね。

どんどん検証していきます。

追記

5分足チャートのABCDのBの部分をなぜあのラインにしたかわかりにくいので、5分足チャートの拡大したものを載せます。

よく見ないとわかりませんが、三角形の保ち合いがあります。B点を保ち合いの上限、C点を下限にしてABCDラインを引いています。

終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました