豪ドルチャート分析3月7日

来週に向けてチャート分析、なぜか豪ドルです。

豪ドル月足チャート

ABCDが完成して、Dでショート勢が利確。そこから急上昇しています。
ADの61.8ラインまであがったところでロング勢が利確した為、先月は長い上ヒゲ陽線になりました。
Cが直近の高値なので月足自体はショートです。

豪ドル週足チャート

週足は月足のラインを引いています。
5EMAをサポートラインとして急上昇しましたが、2月の最終週に月足のラインに当たって止まり、上ヒゲ陰線の包み足となり、先週もロングの反撃はありませんでした。直近のサポートが20EMAなので20EMAまで一度落ちるかもしれません。

週足自体はロングです。

豪ドル日足チャート

日足も上昇トレンドでしたが、サポートラインであった5EMAを割り込み、今度はそれがレジスタンスラインとなって20EMAを下抜けています。

ただし、直近安値はまだ割り込んでいないので、まだロングです。

豪ドル4時間足チャート

4時間足チャートは安値更新後、高値も切り下げてきましたのでショートです。

ABCDは確定していますので、どこまで落ちるかといったところです。BCの戻りは38.2ラインの少し上でした。

豪ドル1時間足チャート

1時間足も高値切り下げ後、直近の安値を下抜いたのでショートです。上昇ABCDから反転下落76.8ラインでも利確されずにさらに下がりました。

まとめ

2月末に月足ラインで止まったのが、単なる利確なのか反転下落なのかわかりませんが、週足は陰線包み足ができて3月一週目に反撃がありませんでした。

週足自体はロングですが、20EMAを一度試すのではないかと思っています。

日足の直近の安値が0.759付近ですので、そこまではショート目線で。ただし1、4時間足で反転上昇サインがでれば、ロングに切り替える予定です。

終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました