ローソク足は風林火山 その1

ローソク足は日本古来のチャート分析ツールとして基本的なものです。

今日はそのローソク足の動きの一例としてポンドドルのチャートを取り上げてみました。

本日(11月23日)ポンドドル1時間足チャート

上図は本日のポンドドル1時間足チャートです。

四角で囲った部分が、今日のチャート考察の部分です。

Aを下ライン、Bを上ラインとしたフィボナッチチャネルを使用しています。

ポンドドル5分足チャート

1時間足チャートの四角で囲った部分を5分足チャートで見てみますと、AからBの部分でトップを上影陽線とする三角保ち合いができているのがわかると思います。その後Cの足で※~※のラインをブレイクしました。

その後、そのブレイクした※~※ラインに戻ってきましたので、このラインがサポートラインになる可能性がでます。

すると、ラインにタッチする直前に一度上影陽線ができます(上図チャートの中央部分)。上影陽線は底値圏で発生すると反転上昇のサインとなります。
その後、一度上昇しましたので、このラインがサポートラインとして機能している事が予想されます。

もちろん、この時点でロングしてもかまわないとは思いますが、もう一度このラインを試してサポートとして機能するなら、より可能性が高まる事になりますし、5分足チャートのただ1本の足でエントリーするには頼りないと感じますので、いわゆるダブルボトムになるのを待った方が万全だと思います。

その後、再度※~※ラインに戻ってきましたので、ここで反転上昇サインが出ればロングエントリーできると思います。

ポンドドル5分足チャート拡大

ポンドドル5分足チャートの拡大です。

1、A~Bで坂田五法の三空叩き込みが発生しています。これは反転上昇のサインです。

2、Cの足が上影陰線になりました。これは、底値圏で発生すると反転上昇のサインになります。
  ただし、実体部分がBに対して陰の包み足となっていますので、下落の可能性もあります。

3、Dの足が下影陽線になりました。これも反転上昇のサインです。

ここからの動きをもう少し拡大したチャートで見ます。

ポンドドル5分足チャート さらに拡大

Dの足でエントリーしたいところですが、Cの陰線実体がBの陽線に対して陰の包み足になっていますので、もう一本だけローソク足が確定するのを待ちます。

すると、次にできたEの陽線実体先端がCの陰線実体の半分ラインを上抜き、陰の包み足を否定しましたので、この足確定でロングエントリーです。

その後、FとGの足を見ると、Cの陰線実体の半分より上のライン(フィボナッチの38.2ライン)できっちり下ヒゲが止まっているのがわかると思います。

ローソク足の組み合わせ、坂田五法は古典的でありながら、本当に機能するものだと思います。

もちろん、だましもありますが、高値圏(レジスタンス)、底値圏(サポート)を正確につかめた時はエントリーする根拠として採用できるものです。

今、検証中なので、またチャートを見ていて気付いた事があれば、ブログに書きたいと思います。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました