来週に向けてのFXチャート分析(豪ドル米ドル) 10月18日

来週に向けてのチャート分析、豪ドル米ドルです。

豪ドル米ドル月足チャート

まず、月足チャートです。

月足のラインはレンジですが、長い間下落の一途をたどっていました。
その下落がやっと下レンジラインの外側0.25ラインで止まり、急激に反発している状態です。

豪ドル米ドル週足チャート

次に週足チャートです。

2013年からの下落時に月足の0.25ラインを通り過ぎた時にできた週足レンジラインが生きています。

先週、陰線になったので、レンジ下ラインをトライする事になるかもしれません。

豪ドル米ドル日足チャート

次に、日足チャートです。

ずっと上昇してきましたが、チャネル下ラインをブレイク後、そのブレイクしたラインに2回トライしましたが、抜けずに下落に転じました。

ただし、下落の起点がチャネル内の0.5ラインですので、チャネル外側0.5ラインで止まる可能性があります。

豪ドル米ドル4時間足チャート

最後に4時間足チャートです。

4時間足チャートはレンジです。

一度上ラインをブレイクしましたが、だましに終わりレンジ内の下0.25ラインまで落ちました。

来週に向けての結論

日足などは完全にラインをブレイクしていますので、目線はショートです。

ただし、ポンドドル同様気になるのはユーロドルの動向です。

週足のラインがすぐそこに迫っているので、ユーロドルが上昇した場合、このラインをサポートとして急騰の可能性は十分にあります。

週明け1,2日は様子見後、方向性が決まるのではないかと見ていますので、その方向についていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました