来週に向けてのFXチャート分析(ユーロドル) 10月10日

来週に向けてのチャート分析、今日はユーロドルです。

ユーロドル週足チャート

まず週足チャートです。

水平ラインは月足のものです。
レンジ内の上側4分の1ラインがレジスタンスになって先々週下落しましたが、その下落分を2週でほぼ帳消しにしました。

ユーロドル日足チャート

次に日足チャートです。

ブレイクしたレンジの下ラインからのリターンムーブにはならずに、元レンジの中央線付近まで戻ってきています。

その事だけを見れば、ブレイクがだましに見えるのですが、レンジブレイクの値幅が元レンジのほぼ2分の1なので、元レンジの中央線はレジスタンスラインとして意識される可能性があります。

ユーロドル4時間足チャート

次に4時間足チャートです。

4時間足レベルでは当然上昇です。

ただし、前回はAのポイントで上昇チャネルのオーバー4分の1ラインから反転下落していますので、今回Bのポイントで再度このラインから落ちる可能性があります。

ユーロドル1時間足チャート

最後に1時間足チャートです。

ラインは4時間足チャートのものです。

Aのポイントから前回反転下落していますので、それだけ見れば、Bのポイントでショートしたいところですが、下落の兆候がまだ全く見えていませんので安易なショートは避けた方が無難だと思います。

やはり定石通り、何度かラインにタッチして上ヒゲ付きのローソク足が何本かできて上昇圧力が弱まらない限り目線はロングです。

来週に向けての結論

今週は、これまでの数週間のレンジを下にブレイクしたので当然下落かと思っていたのですが、まさかのその下落分をほぼ帳消しとなりました。

まあ、よくある事といえばよくある事ですが、ショート目線で見ている人間が多い間は上昇し続けるのだと思います。

週足チャートの先々週の陰線の始値、もしくは日足チャートのブレイクした元レンジの中央線が最後のレジスタンスラインになるとは予想していますが、1、4時間足チャートは完全に上を向いていますので、何らかの兆候がない限り、ただラインにタッチしたくらいではショートはできません。

来週、月曜日に週足、日足のラインにブレイクトライすると予想されますので、完全に抜ければ上、ぐずぐずレンジになり上ヒゲが何本かできるようなら下で考えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました