来週に向けてのFXチャート分析(ドル円) 9月27日

来週に向けてのチャート分析、今日はドル円です。

ドル円週足チャート

まず、週足チャートです。

ドル円週足チャート9月27日

何回も反発しているレンジ内の4分の1ラインをやはり抜けませんでした。
ただし、20EMAが上にあるので、これにタッチした場合は反落の可能性があります。

ドル円日足チャート

次に日足チャートです。

ドル円日足チャート9月27日

前回、反発したレンジの下オーバー4分の1ラインから同じように下ヒゲをつけて上昇しました。
ただし、20EMAにタッチしています。

ドル円4時間足チャート

次は4時間足チャートです。

ドル円4時間足9月27日

下落が5EMAをレジスタンスラインとしていましたので、上昇も同じく5EMAをサポートとしています。
レジスタンスラインになると思っていた日足の下4分の1ラインをあっさりブレイクして上昇しました。

ドル円1時間足チャート

最後に1時間足チャートです。

ドル円1時間足9月27日

4時間足が5EMAをサポートとしているので、1時間足では20EMAがサポートになります。
とりあえずのレジスタンスラインである日足レンジ下4分の1ラインをブレイクし、何度かこのラインに戻ってタッチした後上昇しているので、このラインはサポートラインとして十分機能していると思います。

来週に向けての結論

現在、日足の20EMAに当たっているので、金曜日は上昇の勢いが鈍りました。
1時間足、4時間足の移動平均線が上、日足の20EMAは下なので、移動平均線が収束の方向に向かっているという事になります。

なので、今週のような上昇よりは、やはりもみ合いになるのではないかと考えます。

ただし、ユーロドルが下降気配なので、エントリーするならばロングを選択したいですね。
とはいっても値幅は限定されると思うので、勝負するならユーロドルで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました