来週に向けてのFXチャート分析(ユーロドル) 9月26日

来週に向けてのチャート分析、今日はユーロドルです。

ユーロドル月足チャート

まず、月足チャートです。

レンジです。
レンジの中の上4分の1ラインで上昇が止まっていました。今週下落したので、大きく陰線ができています。あと、3日間市場が開きますので確定ではありませんが、おそらくこのまま陰線になるものと思われます。

ユーロドル週足チャート

月足のラインを週足で見てみます。

先週、先々週と十字線ができる程動いてなかったのですが、やっと動き出しました。

月足のサポートラインが1.1430のあたりですが、1.1540付近に20EMA(上図の緑線)があるので、ここで反発する可能性があります。

ユーロドル日足チャート

次は日足チャートです。

日足のブレイクした元レンジの値幅から考えて、とりあえずの下落の目標は1.1530付近です。
これは週足の20EMAと同じ価格帯なので、やはり反発する可能性は十分にあります。

4時間足チャート

最後に4時間足チャートです。

下落トレンドです。
5EMA(上図の赤線)をレジスタンスラインとして下落しています。

4時間足のレンジ下オーバー4分の1ラインで反発するかと思ったのですが、割とあっさり落ちました。
なので、エントリーはできなかったのですが、、、。

来週に向けての結論

先週まで膠着していましたが、やっと動き出しました。

週足で見れば急騰の後の下落なので、当然20EMAがローソク足の下にあります。
なので、下落するとすれば、この20EMAがまず関門です。

逆にロング勢なら、20EMAへのタッチは狙ってくると思います。

戦略として、とりあえず週足の20EMAまではショートで。
ここにタッチしてからどちらにいくかは4時間足より下のチャートで判断するしかないですね。

どちらにいくにしろ、動き出したのでやれやれです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました