来週に向けてのチャート分析(ドル円) 8月29日


8月30日に月足チャートを追記しました。一番下です。
これまでの月足チャートを見直しました。


今日は来週に向けてのチャート分析、ドル円です。

週足チャートです。

レンジ下ラインから反発し上昇しましたが、レンジの中の下側4分の1ラインに当たって下落しました。

日足チャートです。

下落チャネル上ラインをブレイクしたかに見えましたが、チャネル幅の50パーセントオーバーラインから反落しています。

これを4時間足チャートで見ると、

盛大に上昇チャネル下ラインをブレイクしました。
ただし、4時間足の上昇チャネル幅1個分下がったラインでかろうじて止まっています。
なおかつ、ブレイクしたと思われた日足のチャネルライン上にいますので、ここから反発する事も十分考えられます。

今とどまっているラインをはっきりと下に割り込めば、もともとの日足下落平行チャネルの中央線までおちる可能性があります。

ここから反発するならば、ブレイクした4時間足上昇チャネル下ラインが目標になると思います。

私は完璧に上昇だと思い、反転をずーっと待っていましたので、ただ見ているだけでした。

ユーロドルがはっきりしない動きなので、トレードするならドル円ですかね、、、。

月曜日は月末です。
そして、ついに金持ち連中が大型バカンスから戻ってくる9月が始まります。
儲けたいものです。

頑張りましょう!

8月30日に月足チャートを見直して追記しました。

まあ、あんまり変わらないと言えば変わりませんが、これまでのチャートとは意味合いが違うと思うので。
チャネル上ラインをブレイクしたものの、ブレイクしきれずに下がってきているように思えます。
なので、月足では下落しているように見えるので追記しました。

あくまで私の見立てですので、寝言程度に捉えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました