来週に向けてのチャート分析(ドル円) 7月25日

今月は勝率が悪すぎるので、チャートの見直しをしたいと思います。
先週のチャート分析と引いてるラインが違いますが、
見逃してください。

ドル円のまず月足チャートです。

上昇トレンドをブレイクし、そこからレンジに入りました。
私はレンジを4分割で考えているので、点線は25、50、75パーセントラインです。

月足のレンジ部分を週足チャートで見てみます。

レンジの50パーセントラインから25パーセントラインに向かっているように見えます。
方向は下落ですね。

次に日足チャートです。

何かが抑えています。何でしょうか?

20EMAですね。先週は「レンジの中の移動平均線は信用できない」と書いていましたが、
思いっ切り信用できましたね。
見事にレジスタンスラインとして機能して、ドル円のレートを下落させました。

ただ、10日ちょい動かなかったもんで、軽視してましたね、、、。

後悔してもしょうがないので、さらに日足を詳しく見てみると、

私は、日足のレンジは上図の通り、A点とB点だと思います。
理由は、見ての通り、前安値を下回った後、前高値を上回ったからです。

さらに、そのレンジを4分割してみると、下の25パーセントラインがサポートとして機能していたのがわかります。

じゃあ、来週どうするの?と聞かれると、、、。
たぶん、下ですかね。
月足チャートの25パーセントラインまでまだ下落の余地がありますので。

ただ、4時間足チャートで見てみると、

日足のレンジ下ラインをブレイクして、思いっ切り戻っています。
が、5EMA、20EMAがレジスタンスになると思うので、とりあえずショートを考えています。

とりあえずですがね
だましサインが出てくれるといいのですが。
個人的には、最強だと思っているので。

私は、ブレイクは狙わず、「安値で買って、高値で売る」、反転を狙ってのトレード専門ですので、上昇してきてレジスタンスラインに当たって止まれば、ショートで、、、と考えています。

と、長々と書いてきましたが、
参考にしてはダメですよ!
しないと思いますが。

最強の手法は、
「自分を信じる!」
です。

来週も自分を信じてトレードしましょう。
皆様、頑張ってください。
私も頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました