FX取引の資金管理 vol.1(FX初心者の方へ その2)

今日は、FX取引の資金管理の話です。
結構、いろんな事に気をつけなければいけないので、何回かに分けて、説明します。

いきなりですが、資金管理はめちゃくちゃ大事です。
FX取引が成功するか、失敗するか、これにかかっているといっても、過言ではありません。

まず、FX取引を始める為に用意する資金は、
「今すぐに必要のない、たとえ全額失っても日々の生活は破綻しない程度の金額」
です。

たとえば、あなたの全財産が300万円とします。ならば、その300万円全額をFX取引会社の口座に入金する事は絶対あってはなりません。
ましてや、一攫千金を狙い、借金をして、そのFX取引につぎ込む事は絶対におやめください。

人によって、上記の「今すぐに必要のない、たとえ全額失っても日々の生活は破綻しない程度の金額」というのは違ってくるかと思います。

全財産が300万円で、その中の10万円くらいなら、今すぐ使う予定もなく、最悪失ってもしょーがない、という人もいれば、いや、150万円くらいまでなら、特に失ってもいいや、別にこれからも使う予定ないんだし、という人もいるかと思います。(私はそんな事は絶対にありませんが)

なので、FX取引を始めるにあたって必要な資金をいうのは、人それぞれだという事です。

なぜ、こんな事をいうのかというと、株取引と同じくFX取引も1回の取引で、得をすることもあれば、損をすることもあるからです。

株取引に例えるとわかりやすいので、例えると、あなたが、A社の株を買い、その後、買った時の値段よりも安くなってしまい、その株取引は失敗に終わり、損失を出してしまったとします。
当然、資金は少し目減りします。

「今回は失敗したが、次は必ず利益を出そう」と思ったあなたは、次にB社の株を買いました。
ところが、残念な事にそのB社の株も買った時の値段よりも下がってしまい、またまた損失を出してしまいました。
当然、資金はさらに少なくなります。

そこで、あなたは、こう考えるのです。
「もしや、このまま、これから先の取引も全部失敗し、全資金を失ってしまうのでは」
と。

その時に、どうでしょう。
もしも、その株取引の為に用意したお金が、自分のなけなしのお金だとしたら。
それが、ほとんど借金で、返済期日が決まっているものだとしたら。

もう、正常な精神を保てる人はいないでしょう。

そういう精神状態に陥った状態で、次の取引を行う勇気が出るでしょうか。
もはや、ジエンド、、、。です。
その後、仮にパソコンのモニターに映る売買注文ボタンが押せたとしても、利益を出せる注文にはならないでしょう。
もしくは、さらに失敗するかもしれない恐怖心で、売買注文ボタンが押せなくなるはずです。

ただ、そこで株取引に用意した資金があなたの余剰資金なら。
ただちに今必要でなく、さらに失っても(お金を失うのはもちろん嫌な事なのですが)、日々の生活に支障がなく、諦め切れる金額なら。

これまでの失敗をそう引きずる事なく、新たな取引チャンスを的確につかみ、利益を生み出す事が可能な精神状態でいられるのです。

株の売買もFX取引も、とどのつまり、値段が上がるか、下がるかの2択です。
1回の取引で、利益が出せる確率は、単純に考えて、50パーセントです。
という事は、取引の2連敗、3連敗など、ざらにあるという事です。
その連敗した後でも、正常で的確な判断ができる精神状態でいる事が、とても重要なのです。

その為にも、FX取引に用意する資金は、「今すぐに必要のない、たとえ全額失っても日々の生活は破綻しない程度の金額」にする事が大事すぎる程、大事なのです。

じゃあ、実際に、売買取引を始める為に、最低限必要な金額はいくらくらいなの?という事は、次回「FX取引の資金管理 vol.2(FX初心者の方へ その3)」で、お話しします。


※ この記事のアイキャッチ画像は、oldtakasuさんによる写真ACからの写真です。
  ありがたく使わせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました